LUX(ラックス)は薄毛対策の仇敵となる圧力が強すぎるシャンプー!

ユニリーバの売れ筋のブランドであるLUX(ラックス)。洗いの宣伝が毎日のようにテレビで放映されていますよね。市販のドラックストアなども、そこそこ手軽に購入できることもあって、ひいきにしているレディーも多いのではないでしょうか。ネットでの伝聞などをチェックすると、おしなべて高評価のレビューが目立ちます。

 

しかし、実際、合体素材をチェックするため分かるLUX(ラックス)の現実は、ただの低素材で粗悪な薄利多売を目的としたなんてやり方無い洗いに過ぎません。サイトのレビューで、髪クォリティがよくなっただのといった効力を感じているのは、それほどなるように化学素材をこれでもかと投入しているからにほかならないのです。

 

  • ラウ返信硫酸Na
  • ジステリアン酸グリコール
  • コカミドプロピルベタイン
  • セトリモニウムクロリド

 

これらの素材によって、外見のコンディショニング効力を演出しているに過ぎないのです。その想定には、身体への反映などは二の次されていることでしょう。現在明日のかりそめの髪のツヤを求める顧客はそれでも満足できるかもしれません。

 

しかし、薄毛・脱毛と本気で向き合って改善したい。本当の意味でスカルプに有難い洗いを見つけたい。そのようなことを考えている顧客にとっては、LUX(ラックス)は間違ってもおすすめできる洗いではありません。宣伝で抜擢されている美しいアクトレス様のような髪になりたければ、残念ながらLUX(ラックス)は使うべき洗いではないのです。

 

LUX(ラックス)の低評価レビューまとめ

以下に、LUX(ラックス)を使うためスカルプやヘアに難点がでてしまった顧客の伝聞をまとめて掲載します。LUX(ラックス)を使うということは、こういう口コミのような状態に自分もなる恐れが十分にあるということです。薄毛虎の巻に本気ならば、すぐにでもLUX(ラックス)の敢行をやめましょう。

 

かゆみがひどいです・・・

 

洗いをして長時間をすると、スカルプのかゆみがひどくなります。洗い後のすすぎも敢然と意識しておこなっているのですが、苦しいかゆみに悩まされています。過去に使用してきた洗いでここまでの病状になることはなかったので、こちらとLUX(ラックス)の洗いとの性質が可愛らしくなかったのだと思います。

 

スカルプのドライがひどくなって・・・

 

アップデートしたとのことなので、久しぶりにLUX(ラックス)を使ってみました。しかし、使い気分は最悪です。やっぱスカルプのドライがひどいです。ドライによるかゆみも連日続きます。ビジネスにも影響が出るほどでした。一気に敢行をやめて、初々しい洗いを買い直しました。