TSUBAKI(ツバキ)は薄毛ソリューションには最悪のシャンプー!

大々的に広告を行っているTSUBAKI(ツバキ)エクストラモイストシャンプーは、一際人気のある洗いの一門でしょう。しかし、じつは、典型的な石油系のクレンジング元凶による洗いです。主成分がラウ応答硫酸ナトリウムとなっています。

 

このサイトでのメインの所感にあるように、石油系のクレンジング元凶の洗いは洗浄力が強すぎるために、スカルプに悪影響があります。そのため、女の方の薄毛対策の観点からは、減少の反応の洗いとなります。こまったことに、薬屋で手に入る知名度の大きい洗いのほとんどがこういう石油系の洗いなんですよね。

 

TSUBAKI(ツバキ)エクストラモイストシャンプーもその例にもれません。他のTSUBAKI(ツバキ)関連の洗いも似たような雰囲気のようですね。広告で黒髪の愛らしいアクトレスくんがフィーリング性質に選ばれているからといって、それにだまされないようにして下さい。

 

以下に、TSUBAKI(ツバキ)に対する減少のバイラルをまとめますが、強すぎる洗浄力ゆえに、スカルプに失望が出てしまう自身も少なくありません。育毛・薄毛対処を考えているヒューマンは、わざと積極的にTSUBAKI(ツバキ)を選ぶ理由はないでしょう。

 

 

TSUBAKI(ツバキ)エクストラモイストシャンプーに関する減少のバイラル結論

かゆみが出てしまい・・・

 

使い続けていくうちに、かゆみがでてしまい困ってしまいました。また、使用後のアロマオイルも我々には強すぎました。スカルプが弱々しいヒューマン、アトピー素肌のヒューマンにはいち押しできない洗いかもしれません。使用後は敢然とすすいだつもりだったのですが、いつまでも洗いのネバネバ第六感が残ってしまいました。

 

スカルプに中ぶらりんが・・・

 

使い始めは、髪もサラサラになり良い感じかと思っていたのですが、だんだんスカルプに中ぶらりんを感じるようになりました。かゆみというよりは苦痛でした。チクチクしたフィーリングがあります。脱毛もきもち増えたように感じています。使い続けてることに不安を感じるようになったので、今はとうに使っていません。

 

フケが・・・

 

センシチブ素肌なのですが、こういう洗いは合いませんでした。泡立ちが鋭くなく、使用後にきしむフィーリングがあります。で、各回、洗いのち、半日ぐらいたつとフケに悩まされるようになります。こういう洗いは私のスカルプには合わないみたいでした。次は、なおさらスカルプに容易い洗いにします。

 

ヌルヌルします・・・

 

シャンプーあがりがヌルヌルします。複数回敢然とすすいでいるのですが、どうもスカルプ、表情、首、デコルテがじっとりし、かゆみを感じます。スキンの上っ面に異物の膜がある感じです。くせ毛の自身には合わない洗いだと思います。